良い経験になりました

検定試験の結果を返しています。

今回は特に印象に残った3名の生徒さんの事を書かせてもらいます。

6年生のA君は珠算1級に合格する事ができました。A君は何度も1級に挑戦してはかけ算が不合格だったり、かけ算が合格点でもわり算が不合格になったりと不合格連発で本当に悔しい思いをしていました。それでも毎月のように珠算1級に挑戦する姿に胸を打たれました。

5年生のB君もA君同様何度も失敗しての合格です。この生徒さんは暗算検定の1級に合格する事が、できました。B君の課題はかけ暗算です。後半部分の正解率が上がっても、簡単な前半部分で失点して不合格の時もありました。暗算検定はできる問題は確実に正解する事が合格へのカギを握ります。集中力、忍耐力が必要です。

A君もB君も1級合格が素晴らしい事ではなく、1級に合格するまで諦めずに頑張った事が素晴らしいのです。これからも失敗がたくさん待っていると思いますが、諦めずに努力する事を続けてほしいと思います。

そろばんを卒業した後にも挫折をたくさん味わっても辞めずに頑張れた事は必ず良い経験になるでしょう。

そして3年生のC君は前回検定でわり算の題数が1題足らず涙の不合格でした。あの時の悔し涙は今でも鮮明に覚えています。あれから1ヶ月悔しい気持ちを忘れずに練習するよう毎回言い続けてきました。わり算練習を中心に本当によく頑張りました。

今回は特に印象的な3名について書かせて頂きましたが、皆さんここに紹介できないくらい頑張ってくれていました。

検定試験は合否よりもこのような経験が小学生の内からたくさん出来る事で人間力が上がるのかもしれません。

なので検定試験やアバカスリーグを積極的に参加する生徒さんは計算力以上のかけがえのない経験値を自然と積んでいるのだと思います。

そろばん学習は計算力だけでなく人間力向上のツールとなっています。

2021年8月9日 | カテゴリー : そろばん | 投稿者 : 先生