そろばんの大会

本日は、そろばんの大会がありました。

計算の正確さとタイムを競う競技大会です(^。^)

正確さとタイムといっても、そろばん経験者でも、とても大変で難しい大会です。

例えば暗算競技は、2桁×2桁の問題が15題、4桁÷2桁の問題が15題、合わせて30題をたったの2分で終わらせないといけません!

これを低学年の生徒達も全て終わらせ、全て正解させる計算力を持っています。

本当にレベルが高いですね^_^

良い結果が出た生徒さんも、上手くいかなかった生徒さんも、良い経験になったと思います⭐️

どんなに頑張っても、相手次第で負けてしまうのが大会の良いところです!

残酷かもしれませんが、小学生の内にたくさん挫折を味わうことは、とても良い経験になります。社会人になれば挫折の繰り返しですからね(^。^)

そろばん学習を通じて相対評価の厳しさを体験して、本番に強い人へと成長していってほしいと思います。

2018年1月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 先生