ブログ

そろばん・学習塾のブログです。

ブログ一覧

挫折の先にあるもの

先週から9月の検定試験の結果を発表しています。

検定試験を申し込むことで合格という明確な目標を持つことができるので、成長するスピードもはやくなります。

1級に合格した2名の6年生の生徒さんは、2人ともよく似ている部分が多いです。

頑張り屋さんで打たれ強いので、何度も不合格になっても諦めずに頑張り今回は2人共合格することができ本当に自分のことのように喜びました。

1級が凄いこと、1級が偉いことではありません。

1級まで辞めずに頑張れたことが凄くて偉いのです。

決して緩やかな道ではありませんでした、何度も不合格という険しい道を努力して自ら道を切り開いてきました。

諦めずに頑張る力、不合格になり続けても辞めずに頑張れたことは財産です。

この経験を忘れずにこれからも頑張ってほしいと思います。

6級に合格した生徒さんは、わり算ができなくて泣いてしまうこともありましたが、頑張ることができました。

本当によく頑張りました。5級も更に計算量が増え難しくなりますが、この調子で前向きに頑張りましょう。

挫折を経験すればする程、何かを達成できた時の喜びも人一倍です。

そろばん学習を通してそういった経験をたくさん積んでほしいと思います。

他にもここには書ききれない位、頑張っていた生徒さんが大勢いました。

2021年10月8日 | カテゴリー : そろばん | 投稿者 : 先生

テスト1週間前

金岡南中学校の生徒さんはいよいよテスト前になりました。

生徒さんから見せてもらったテスト範囲表と出題予想問題の分析がほぼ終わりました。

指導者側はもちろんですが、生徒さん達にも、もし自分が担当教科の先生だったら「この問題は絶対に出す」と自分の中で問題を作る事も非常に大切です。

例えば中3の理科の範囲の一部である太陽と宇宙の単元ではテスト内容が容易に想像がつくのです。

①太陽とその周りの温度と名称

②太陽系、銀河系

③太陽系惑星の順番

④自転、公転の記述問題

そもそもこれ位しかテストに出す事しか出来ないので、30分も有れば十分間に合います。

1年の数学では前回のテストの内容から10点分が出題されると書いています。前回のテストの問題で10点分出題される可能性が大きい問題が2つ考えられましたので、まずはその2つの復習をしていきます。

授業で散々やってきましたが、1.2年は連立方程式、方程式のパターンを繰り返し学習する事が大切です。文章問題の1番最後に注目すれば何をXやYにするのか一目瞭然です。

歴史は暗記科目と捉えずに流れを理解して楽しく学ぶのが高得点のカギを握ります。漢字や、英単語の感覚で覚えると意味も分からず覚えてしまい、言い方を変えられるとたちまち間違えてしまいますので要注意です。

2年生の生徒さんに教科書には載っていませんが、「家康って凄いんやで〜、織田信長に家康の長男がスパイって疑われたから、信長に死んで謝りなさいって言って切腹させたんやで〜」江戸幕府を開いて家康はすぐに将軍を辞めてすぐに息子に引き継がした理由などを説明してあげることでなぜ江戸が200年以上も続いたのか生徒さんも興味津々になってくれてました。

昔の人の感覚って面白いって思えれば学習が前向きになりますね。どの教科もそうですが、教科書に載っている事だけを勉強するとどうしても重要な事しか載っていないので興味が湧きにくいのもあるでしょう。

授業の終わりにポツンとこのような会話をする事でなんとなく頭に残ってくれたら嬉しいです。

2021年9月20日 | カテゴリー : 学習塾 | 投稿者 : 先生

精神力がすごい

そろばん教室に通っている中学生達は、自分のペースで練習に取り組んでいます。

中学生になると課題はないので、好きな練習を思う存分頑張っています。

段位の昇段を目指す生徒さんやアバカスリーグの最高得点を目指す生徒さん、暗算練習に取り組む生徒さんなどさまざまですが、小学生から続けていることを中学生になっても頑張ってる姿を見るととても応援したくなりますね。

現在中学3年の生徒さんは、実力テスト前や定期テスト前以外では時間を見つけては頑張ってくれています。

子供ほど離れた年齢ですが本当に尊敬します。

また、このような教え子に出会えて本当に感謝しています。

できる限り全力でサポートしたいと思っています。

中学生あるあるですが、点数が伸びてきた頃にテスト前になり、テストが終わって久しぶりに練習に来ると点数が下がってしまいリハビリから再スタートといったパターンが非常に多いですが、気持ちを入れ直してまた、点数を上げなくてはならないので、精神面が相当鍛えられています。

中学生達は忙しいと思います。これからも頑張ってほしいです。

2021年9月15日 | カテゴリー : そろばん | 投稿者 : 先生

メンタルが合否を左右する

昨日は、たまたまアバカスリーグの得点が1500点以上の生徒さんが2名練習にきていました。

2人とも書いた所はほぼ正解なので後は問題数を増やすだけですが、これこそが、暗算学習の難しさが随所に見られる光景なのです。

スピードをあげすぎると簡単な問題でもポロっと取りこぼしたりしますし、スピードを落として正解を取りにいくとたちまち時間切れとなります。

「2人で3200点を目標に協力プレイで頑張ってみて」と伝えて2回目の計時で見事に2人共合格点を取る事ができました。

1500以上取れる生徒さんは技術面より精神面、メンタルがとても関わってきます。

このように、特に技術的なアドバイスはなく、ゲーム感覚で、できた事で先程より問題数が置けたのです。

人によっては逆にプレッシャーとなり逆効果になる生徒さんもいますので、そうなれば二の矢三の矢を言い方を変えて放ち続け、畳みかける事ができれば、合格点に達する事もそう時間はかかりません。

あとは、我々指導者が生徒さんの能力を限界値まで引き出せる事ができるのか、我々の引き出しの多さが生徒さんの能力UPに大きく関わるところです。

自分の限界に挑戦する事で恐ろしく集中力がついてくるのがアバカスリーグです。

2021年9月1日 | カテゴリー : そろばん | 投稿者 : 先生

不定詞

英語の教科書や参考書では(to+動詞の原形)を不定詞という。名詞的用法の不定詞は、動詞の目的語や文の主語、補語になる。〜するためにを表す用法を副詞的用法という。

難しい言葉で説明されるのでいきなり苦手意識が出て前向きに学習できない生徒さんもいると思います。

簡単に説明すると

toはノリと思って下さい。文と文をノリで引っ付けるイメージです。引っ付ける順番は後ろから前です。

私は本を読むことが好きです。

好きです(like)と本を読む(read books)を貼り付けると、

I like to read books.

これでOKです。

訳し方も文を繋げるとどうなるかを考えるだけです。本を読むことが好きとつなげれるはずです。

toは〜すること、〜するためと考えるより日本語で自然に文をつなげるイメージの方が分かりやすいです。

私はクミに会うために駅へ行きました。

後ろの文は駅へ行きました

(went to the station)

前の文はクミに会う

(see Kumi)

不定詞は文を引っ付けるだけです。引っ付けるにはto(ノリ)を使います。

I went to the station to see Kumi.

難しい言葉や聞き慣れない言葉を覚える必要はありません。使い方を分かればオッケーと思って気軽にいきましょう。

少しでも分かってもらえると嬉しいです。

必ずといっていいほど受験に出る単元です。

頑張りましょう。

授業日以外でもいつでも自習に来て頂いて構いませんし、気軽に質問して下さい。

2021年8月30日 | カテゴリー : 学習塾 | 投稿者 : 先生